犬小屋が危険! 愛犬が危険にさらされる原因と対策 犬小屋が危険! 愛犬が危険にさらされる原因と対策

犬小屋に行なう白蟻調査とその調査方法を確認しよう

犬小屋の白蟻調査の方法~短時間で完了します~

犬小屋に白蟻がいるかどうか調べるのはとても重要です。専門業者であれば、調査の方法も明快で短時間で済むことが多いでしょう。

人間の家とは違う犬小屋

作業員と女性

犬小屋は人間の家の外に置いておくことが多いために、外からやってきた白蟻が住み着く可能性が高いでしょう。また、人間の家の場合、白蟻が発生すると床下で蟻道や蟻土を見かけることが多いです。しかし、犬小屋の場合は根本的に調査方法が変わってきます。そういう調査に関しては、専門業者に依頼しなければわからないことも多いでしょう。そのため、自己判断は危険だと言えます。

犬小屋の白蟻調査

空洞音の確認
犬小屋の白蟻調査では、空同音の確認という方法が用いられます。これは簡単に言うと、犬小屋に空洞ができていないのか専門の器具を使って調べる方法です。また、経験豊富な調査員の場合は、その音だけで判断することも可能です。この方法なら、素人でもできそうだと考える方もいるかもしれませんが、被害が及んでいるのかどうかを判別するには知識が必要です。そのため、専門業者が調査した方が確実だと言えるでしょう。
耐久性低下の確認
犬小屋というのは、人間の家と同じように耐久性なども備わっています。ある程度は耐久性があるので数年使えるのですが、白蟻が繁殖している場合は、その耐久性も低下してしまいます。専門業者の調査では、この耐久性に関しても調べていくことが可能です。方法はそれぞれの専門業者によって異なるため、依頼する業者に直接聞いてみた方が良いでしょう。
木材カスの確認
白蟻というのは、犬小屋の木材を食べていきます。セルロースという素材で作られているのですが、これを白蟻が良く好んで食べるのです。白蟻駆除の専門業者は、この時に出る木材カスを見て調査を進めます。白蟻が繁殖していればいるほど、この木材カスも多くなると言って良いでしょう。これは素人が見てもわかることがありますが、確実に白蟻駆除したいのであれば専門業者がおすすめです。

白蟻調査はすぐに終わる

白蟻調査に関しては、一般的に1時間程度で終わることが多いです。それぞれの犬小屋の状況によって異なるものの、1時間から1時間半程を見ておけば、調査がすべて終了するでしょう。非常に気軽に調査してもらえるので、忙しいという方でも利用することができます。ちょっとした時間に調査してもらっておけば、犬小屋はいつまでも綺麗に保つことができるでしょう。

TOPボタン